2012年04月28日

なぜ「Crazy−G」? なぜ来年?  〜その2〜

「Crazy-G」はハワイの有名なトラディッショナル曲で、ウクレレ練習曲の定番だそうです。
4才でウクレレを始めた あのジェイク シマブクロさんも最初に覚えたのがこの曲とか。
曲名どおり「G」のコードを色々変化させた、明るくてリズミカルな実に楽しい曲です。
一見難しそうですが、弾いてみるとそうでもなく、同じフレーズを何度も繰り返すので、覚えやすい、ノリやすい。
 また、何人かで一緒に演奏してみると一体感のような別の楽しさが感じられます。
この曲に使われているジャカソロという奏法は 初心者と上級者が同時に演奏してもサマになります。
それは他の楽器では、なかなか出来ないことです。
 今まで楽器に縁のなかった人でも、一年くらいの練習で、ほとんどの人々がマスターされています。

imagesCAFFWI0W.jpg 
  ウクレレ特有の3連ストラミング(かっこいい弾き方!)もモノにして大勢で気持ちよく
  「Crazy-G」  を弾いてみませんか!
  みなさんにお会いでき、一同にウクレレを弾ける日を楽しみにしております。


  *一部に今年本番の情報が流れているようですが、間違いです。
   今年はあくまでも「予行演習」です。

                                            津山の建築士 地職 明


なぜ「Crazy−G」? なぜ来年?  〜その1〜

数年前 仲間と「Crazy-G」の練習を始めた時「一年後に人前で弾く!」という目標を持って練習をしようということになり、それまで楽器を弾いたことのない人がいたにも関わらず、めでたく一年後には人前で「Crazy-G」演奏し、喝采を浴び、感動したのでした。

imagesCAFFWI0W.jpg  来年「Crazy-G」でギネスに挑戦しないまでも「Crazy-Gを皆で弾く」という感動は捨てがた   く、是非とも一年かけて練習して参加していただき「Crazy-G」を皆で弾きたいのです。
  「Crazy-G」が弾ければ、ギネスチャレンジ曲は簡単に弾けます。
  「Crazy-G」が弾きたい! という想いが、たった一つの参加条件です。

                                            津山の建築士 地職 明